TAK (Takuya Sakamoto)

PHOTOGRAPHER / CYCLIST
Former New York City Bicycle Messenger.

TAK

WWW.NEWYORKBIKEDREAMS.COM



what's in NYBD blog?



CATEGORIES



Calender

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



TAK doesn't talk much.



Contact to N.Y.B.D.

NAME:
EMAIL:
TITLE:
MESSAGE:



instagram



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


突然ですが辞職しました。
突然ですがUrbanExpressを辞職しました。

Urbanはミッドタウンエリアの数多くのビル達(タイムズスクエアビルとか)を丸ごとクライアントに持つ、NYで最も大手メッセンジャー会社のうちのひとつです。
200人を超えるメッセンジャーが一日5000件以上の仕事をこなします。
ベースオフィスの地下にあるサーバールームではITエンジニアが常備待機し、強固なネットワークシステムでクライアントとベース、サイトと呼ばれる各ビルのメッセンジャーセンターをオンラインで繋ぎます。
僕の知る限りではNYで一番先進的なシステムを持った会社であります。

URBANを離れた理由は、メッセンジャーと自分の時間の両立が難しくなってきたからです。
週5日間労働、という当たり前のことですが、今の僕にはそれを続けることができなかったのです。
今の僕は、パートタイム・メッセンジャーというライフスタイルを目指しています。
URBANのような大手会社では僕だけ例外的にパートタイム勤務を認めることができませんでした。

これから僕はメッセンジャーと、自分の夢の両立を目指します。
今のところ、パートタイム勤務が可能な中、または小規模の会社の所属を考えています。
いわゆる日本でいうインディペンデント系です。
おそらくテキストメッセージシステムはありません。
マニフェストではなく、チケットを発券するかもしれません。
すべてのコミュニケーションはNEXTEL無線で行われます。
10年前のオールドスクールのシステムに戻るのです。

今思えば当たり前だったメッセンジャーのコミュニケーション方法、「無線」通信。
これこそがメッセンジャーの醍醐味だったような気がします。
自分の状況と感情を、限られた時間と周波数の中で相手に伝える(読み取る)のは非常に難しく、そしてそれが通じ合ったときは本当にハイになります。
お互いのテンションがあがっていくような、そんな無線のやり取りをもう何年か忘れてしまっていました。
今現在、大手会社において、無線でディスパッチャーを呼ぶのはクライアント不在や住所不特定のような状況のときです。
それ以外の場合、ディスパッチャーは「ヨオ!今から2つ送るぞ!」みたいなノリで、テキストメッセージで仕事を配信します。
ライダーはそのテキストを目で確認するのです。
仕事は簡単で確実になりました。
でも、大切なコミュニケーション方法を一つなくしてしまったような気がするのです。

僕が東京のメッセンジャーを見て最初に驚いたのはみんな無線機でコミュニケーションしていることでした。
タクシーなどで使われているアレです。
NEXTELシステムよりも旧式な特定周波数をグループで共有する方法です。
(NEXTELは個人対個人のコミュニケーション)
携帯電話やメールシステムがアメリカよりはるかに発達した日本で、なぜ無線なのか?
その答えはすぐに想像がつきました。
____彼らはこだわって無線を使っている。___
___無線コミュニケーションには特別な何かがある。___
でも僕はそのコミュニケーションを本当に体感していないのでその答えは想像の範囲なのですが・・・。

Urban Express CrewURBANのクルーです。
これからもストリートで毎日顔をあわせる大切な仲間でありますように。
660Madisonにて。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント
時代は進化していきますね。けど忘れちゃいいけないのは"心"と、個々の持つ"色"ですね。
日本も変なトコ、analogなとこありますね。でもなんだろ、オシャレ感を漂わせてる感の多少あるような、ないような。
よくお邪魔した頃を思い出します。
TAKさん、大金カバンにいつまでもBRONX突っ走っていてほしいですね。

夢を掴みましょう!!
【2006/04/09 06:09】 URL | CAPOEIREI #iBknlC9U [ 編集]

Takさん、おひさしぶりです。
仕事で、自分がつぶされるのが、一番いやですよね。やめて正解!ご自分の夢に向かって、風を切って突っ走ってください!!!
がんばれ~~~!
【2006/04/10 16:50】 URL | Chizuco Yw #- [ 編集]

たくや君おひさしぶりっす!

URBANやめるんですね。なんならcanavanでやったらどうっすか?

僕も無線だったけど、やっぱディスパッチャーとコミュニケーションとれて楽しかったです。

それではがんばってください!
【2006/04/11 06:40】 URL | タクマ #- [ 編集]

rei君お久しぶりです。
旅の様子はタマーにmi0iでチェックしています。
その調子で突き進んで言ってください!

Chizukoさん、コメントありがとう。
これから先どうなるかわからないけれど、自転車は諦めないつもり。
より良い環境目指して頑張ります。

Takma君お元気?。
caravanは500 5thですね?
検討してみます。
今考えているのが、Mobleか、Mothersか、Breakawayに復帰か、はたまた独立か?
って感じです。
【2006/04/11 15:55】 URL | TAK #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://newyorkbikedreams.blog41.fc2.com/tb.php/49-beec5d1f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。